2009年 08月 21日 ( 1 )
SONGBIRDへようこそ。
懐かしい人々

e0165320_231657.jpg
e0165320_23163572.jpg


先日、なつかしい人に会うことが出来ました。(上の3人)
8年ぶり?
今日までいろんな経験をして随分大人になっているはずなのに、昔と同じでそれがとても新鮮で少し緊張もしたのでした。

暮らしの手帖という雑誌に、「こんにちはさようなら」という松浦弥太郎氏のコラムがあります。
ある号の「一杯のお茶から」というタイトルで書かれた文章が気になり繰り返し読んでいます。
内容は、松浦弥太郎氏が、岡倉天心の「茶の本」について様々な観点から自らのあり方とその本の良さを伝えています。

-------------------------

お茶は本当においしい。
お茶は中国茶が一番好きだが、日本茶、抹茶、紅茶、ハーブ茶と、いろいろ選べて、朝昼晩だけでなく一日中あっても良いくらいである。
ごちそうにもお茶はよく合う。

おいしいパンがあると明日の朝ごはんが楽しみで仕方ないが、おいしい紅茶があると、明日一日の過ごし方が楽しみになる。
こんなことを年上の友人に話したら、自分もそうだと笑って答えた。

本の中で天心は、ものは心で見るもの、と教えている。お茶を味わいながら、この言葉を何度も何度も考える。
ソファに沈んで惚けながら、暮らしのあれこれを思うときに、自分の暮らしには、ものを心でみる心があるのだろうか。
毎日の雑多なことの中にひそむ美しさを愛すること。
それが出来ているだろうかと自問する。

---------------------------

上記はほんの一部。
私も自問する…


お土産に買って行ってくれた紅茶、おいしくはいると良いな。

「おいしい紅茶は、お水から」と紅茶屋さんが言っていました。
ナトリウム、カルシウムなどの含有量が少ない「軟水」を使うことにより、
柔らかい口当たりでまろやかな紅茶をいれることが出来ます。

アイスティーなら、水出し紅茶が簡単でおいしく入れることが出来るのでおすすめです。
お水1リットルに対して、リーフ10gを用意します。
密閉容器にいれ、最低でも4時間は常温または冷蔵庫に置いておきます。
その時、お茶パックを使うと便利です。

ホットティーの場合は、600ccに対してリーフ8gを用意します。
後は、みなさんご存知の“ゴールデンルール”に従っていれて下さい。
SONGBIRD TEAの蒸らし時間は約1分でOKです。
でもお好みで。

秋、冬はまた違うフレーバーにする予定です。お愉しみに。

ではまた、更新がんばりま〜す。

kura
[PR]
by mrtmmk | 2009-08-21 23:33


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31